のぼり旗   ネットストア  インパクト   パチンコ店  使い方    選挙   麻素材  SITEMAP

最大の宣伝効果

通販で買うのぼり旗の加工について

素敵なのぼり旗にしたい

のぼり旗は昇りとも言われ、縦に細長い布の長いほうと上辺を竿にくくりつけたもの、
輪を付けて竿に通したものを台座に固定して標識や広告などに利用します。
のぼりとは

 

のぼり旗は通販で注文することができます。
サイトにある商品の見本や価格を参考にして、見積もりフォームにサイズや素材、
チチの位置など、必要な条件を入力して、注文します。

絵や文字のデザインデータを送ることでオリジナルののぼり旗を作ることができます。
のぼり旗は、加工することで長持ちさせることができます。

方法は色々ありますが、生地を熱で溶かして切ると、生地の端がほつれにくくなります。
風の強い場所では傷みやすくなるので、周囲を三つ巻きにして縫うことで補強することができます。

のぼり旗は室内で使用するときは、防災規定があるので、防災加工が必要です。
燃え広がりにくくなり、外での使用や火の気の心配がある場所でも安心です。

見積もりフォームから、加工内容を指定することができます。

また、屋外に設置する際に懸念されるのが、雨風に当たるということです。
こうなるとどうしても汚れやすく、劣化も早くなります。

雨の対処法としては、撥水スプレーをかけておくことで
少しでも長く持たせることができます。

雨の対処法

また、完全にそういった汚れを防ぎきることはできないため、
すぐに取り替えられる予備を入れて注文することで
1枚当たりの単価を安くすることもできてお勧めです。

神社では招代、お店では宣伝!のぼり旗の意味

神社での、のぼり旗の役割は主に招代となります。
これは神事の時、神様が訪れる際の目印となり、更に神社に普段から参拝する地元の人々へのお礼の気持ち、更に昨今増加する観光客への案内代わりです。場所柄、質素で荘厳なデザインが多いです。紅白のカラーが多く、当然ですが和風の雰囲気を重んじた意匠になっています。

のぼり旗の歴史は想像以上に古く、平安時代の末期にあった「壇ノ浦の戦い」にも登場します。その頃の旗は今現在と比較すると非常にシンプルなデザインであり、名前も「流れ旗」と呼称されていました。戦国時代でも多くの戦で用いられ、戦火の激しい場所で敵味方を瞬時に識別するためのサインとして活躍しました。 現代では主にお店の宣伝ツールとして活躍しており、個人経営の飲食店や大手チェーンのファストフード店、クリーニング店やガソリンスタンドやコンビニエンスストアでもよく見かける物です。

旗には売り出し中の新製品やお得なキャンペーンやお店の宣伝の情報が明記されています。
道を歩く不特定多数の人々に、効果的に宣伝が出来るのがのぼり旗のメリットです。王道の宣伝手法であり、シンプルながらも集客効果は抜群であり、設置するだけで自動的にマーケティングが出来るのが利点となります。

 

効果的   通販  デザイン   目を引く  印象   無地   上品  Sitemap

Copyright© のぼり旗の使い方 All Rights Reserved.